カテゴリ:アート( 5 )


2015年 11月 13日

わっくわく



富雄駅から徒歩2分ほど
ならしかの休日 というイベントを開催しているカフェにジムの後に立ち寄る


e0224610_19381158.jpg



友人のFairytaleさんが出されていて彼女のブログにアップしていたのに生でみたいな~(笑)と反応してたんだよね(笑)
おいおい!
一言 素敵♪



e0224610_19382743.jpg


私にアクセサリ~をつける習慣があれば 遊んでみたいな~と思いました(笑)
奈良は鹿。鹿のイメージの作品はたくさんあって たくさんの方がつくられているけれど
奈良の安定感か安心 安全なモノやデザインばかりだな~と思っていましたが
Fairytaleさん 斬新で攻めを感じておもろい!


e0224610_19383937.jpg


思いを形にするってすごいことだな~と 改めて思いました(笑)
私は 彼女の作品をみてわっくわくした!



e0224610_19385104.jpg


by tannune | 2015-11-13 19:37 | アート
2011年 10月 17日

輪島キリモトによる万年カレンダーにひとめぼれ

                         画像を拝借しております。すっげ~!!
                                        輪島キリモトの万年カレンダー
           今にもふっとんで日本橋三越本店に行きたいであります。あ~兄ちゃんかわりに見に行ってくれないか・・あほか!と言われそう
e0224610_10541846.jpg

                                    家にないもの。テレビ。時計。カレンダー
                たいがいの方がお家にあるものを置いてません。理由はどこに置いていいかわからないのと気にいったのが見当たらない。
                                ドンピシャを感じたら時計とカレンダーは置いてみたいですが~
                                こ~んな万年カレンダーだったら毎日が楽しそうですね(笑)
                                  機能的であるはずなのに機能を満たさないモノにやられます(笑)
                         他のには値段がついているけれどこれは超~一点ものらしいですわ・・・(悲)

                                 キリモト開いたら漆のコーヒーカップのデザインに目がいきました
                              持ち手がよくわからないけれどちょっと素敵❤でも高い~~
                          

by tannune | 2011-10-17 10:59 | アート | Comments(4)
2011年 06月 15日

彫刻家 藤田昭子

e0224610_095071.jpg

写真をのせるのをためらう自分がいます。なぜやろう・・・自問自答^^;
これは藤田先生が金津創作の森におかれている「牀座」をイメージされてたころの作品です。わたしが平塚をでるときにこれを渡されました。 
もっとも尊敬している方で、多大な影響を受けた方です(笑) 影響をうけすぎて、なかなか脱皮ができませんでした(笑)
七沢のアトリエにゴロゴロと外にころがっている作品・・美術品レベルだと思いますが・・アトリエの中の空気・先生の土と遊んでいく心と技法がまだ体感で残っていますね~(汗・・・^^;)土がボーンとドーンとおいてありころころと転がしてひたすら積んで、感覚でねじって、穴をあけて。穴をあける以外は一切道具というのも使うことなく(指うだけのときがほとんど)ひたすら縄をつくって積み上げていました(笑) 多分立体の造形や構造物が頭の中にやきついた時期でもあります(笑)それが自分にとっての陶芸だったので奈良にきて赤膚の教室にかよいはじめたころはかなりギャップがあり先生を困らせました(笑)

こうやって書いているとためらう理由がわかってきました・・多分・・こんな写真だけでは失礼かな~っていうのもあります。先生に「土を触りつづけるのよ」と言われた言葉が頭にありながら、今はいったんやめている自分がどうもイヤなんだと思いますよ~^^ またはじめます。家で使う器をつくるぞー^^  
そういえばあのころは「天竺」か「出縄」の実物の模型を手にいれたく・・・・^^;
友人たちは・・・おいくらでしょうか?と聞いてみたらと言うてはいたけど、おそれおおく聞けませんでした(汗・・・^^;)
今日久しぶりに先生の本開きましがドイツ野外彫刻展の参加されたときの「クォ・ヴァディス」地下空間の世界にも目がとまりましたわー。やっぱりときがたつと気になる作品がちがってくるんですね~

先生の名前でyoutube検索をしたらなんとでてきたんですよね~
平塚の人マップみたいなので。いまから冷静にみていると・・・・かわってて・おもろいところで(波の子のこと)先生相変わらずインパクト強すぎです。
アップしようと思いましたが・・・時期がすぎたころにアップします^^ なつかしのアトリエも写っていて感激しました! やっぱりyoutubeってすごいです。






  

More

by tannune | 2011-06-15 01:05 | アート
2011年 06月 12日

DEE'S HALL

と言えば土器典美さん^^ わたしは行きたいんだ(笑)
土器さんの「山の家」が載っている本をみたのが15年前かな^^; くぎずけでした。アンティークのモノやキリムにももちろんインパクトはあったのですが
何よりも度胆を超えたセンス・感覚にびっくりしましたね~
e0224610_235315.jpg

そして「都会の家」 
e0224610_2355039.jpg

本でみつけたときどんなに興奮^^;したことか。山の家とガラリとかわった究極のミックススタイル!
ちなみに同じ本に玉造時代のTRUCKのオーナーの家ものっていますよ^^
アンティークのなかに現代作家さんの器がおかれていて、玄関前の無造作におかれた道具たち。やっぱりこの方はすごい~!
都会の家の1階に「DEE'S HALL」があります。
土器さんがセレクトしているギャラリーの展示内容には・・おっ!という独り言が多くなります^^; 多分好きなんでしょう。そしてどうしても行きたいんでしょう。
実家にいったら、回ればいいのでしょうが・・何を着ていこうか^^;とかっこつけてオサレして南青山を歩く想像をしています(笑)
わたしにとっては土器さんはアートの発信地と情報源。
右の写真の陶器たちがいつみても新鮮。いつみても何年たってみても好きみたいです(笑)

More

by tannune | 2011-06-12 00:12 | アート | Comments(4)
2011年 06月 11日

アート

 アートのカテゴリをつくってみました。まだなにも何~も入ってません(笑)
 パソコンを少しばかりさわるようになったらたまにクリックの末・・おぉ~~~!と気になる方を発見しちゃいます^^; 
 すごいですね~ほんま!インターネットの世界は^^ 目の前でみたいけれど、東京多すぎ~(汗・・^^;) 
 実家のついでに行ければ見れれば立ち寄れればの願望つまったカテゴリってことか!(汗)
 ということで、パソコンのお気に入りがグッチャグチャになる前に(汗)忘れないように(笑)どんなジャンルが入っていくのかが逆に楽しみになってきました。
 自分の頭の中身をみるみたいですもの^^; こわっ!^^;
e0224610_10112241.jpg

e0224610_10142696.jpg

 インパクト・・^^;ありすぎて・・
 またちがうアートの分野に入っていただきたいです^^;  ター君・・は^^;
 っとおもったらター君は2つもカテゴリあるやん~^^;

by tannune | 2011-06-11 10:18 | アート | Comments(2)